マニアックな「アノマリー」のメモ!

SNSやいろいろなところで聞いた「アノマリー」をメモしていく事にしました。

・マザーズは4年に一度、盛り上がる。(大統領選の時)
・アメリカ大統領選がある時は、円安になりやすい。
・選挙がある時は、株価は下がりにくい。

株価変動傾向アノマリー

年間を通して言われているアノマリー「株価変動傾向」を調べてみました。

1月効果

12月末から1月中旬にかけて株価が上がりやすいと言われています。

節分天井彼岸底(せつぶんてんじょうひがんぞこ)

2月上旬の節分に株価が天井を打って、3月いっぱい下げるというアノマリーです。

4月効果

底をついて上がってきた株価が4月になって、上がってくると言うアノマリーです。
4月に国内の機関投資家は新年度に入る。

GW相場

ゴールデンウィークは株式市場が休みとなるため、その前に株式を売るので下がるといわれています。

夏枯れ相場

9月~10月の株安

過去の米国発の暴落はほとんどが10月に集中しています。
10月は「ブラックマンデー」(1987年)など。

ハロウィーン効果

株式投資を始めるなら10月末が効率的に収益を稼げるというもの。

12月の株安

年末年始前のポジション整理で株価が下がるというアノマリーです。

米大統領選挙年のアノマリー