NHKテレビで中国語イモトと学ぼう!中国語の復習をメモしてみた。

マーマ
7月から中国語を勉強したくなり、
NHKのイモトの「NHKテレビで中国語」を見ることにしました。

そこで教えてもらったことをこちらにメモします♪


途中からで恐縮ですが、15回目の「切符売り場はどこにありますか。」からメモをします。

イモトと学ぼう!中国語(15)「切符売り場はどこにありますか。」

上课!起立!(授業だよ!起立!)

各位好!
(さあ!みなさん!テレビで中国語へようこそ!)

前回の復習

反復疑問文で「近くにお手洗いはありますか」

附近 有没有 洗手间

今日の目標


(〜が・・・に)ある

アニメスキット


お尋ねしますが、切符売り場はどこにありますか?

「票」は、「切符」

「售票处」で「切符売り場」

「在」は動詞です。何々がどこどこにある。


大门は「正面」や「表門」という意味です。
「中の方」という意味です。


「有」との違いは、
まず順番が逆。

そして大事なことを言います。
「有」「在」は、使い方も意味も違います。

「有」は、ものがあるか分からない
「在」は、どこにあるかを言う時

もう一つの違い。

「有」の否定文は「没有」
「在」の否定文は「不在」

例文


広い野原で、ここにトイレはありますか?

请问,这里有洗手间吗?

デパートでトイレはどこにありますか?

请问,洗手间在哪儿?

方位詞


[在]を使って「〜がどこどこにある」という言い方を練習してみましょう♪


椅子在房间里。
椅子が部屋の中にある。


パソコンが机の上にある。

実は、中国語は名詞を場所として使うとき 方位詞をつける

ここで作文に挑戦。

「テレビが部屋の中にある。」

右、左の言い方


右側、左側で言い方が違ってきます。


ベッドは机の右側にある。


服はにある。

本は服の左側にある

宿題


「家具に中国語を張る」

日常で使える中国語


ものすごく可愛いものを見て「可愛すぎるー!」を中国語で教えてください。

中国語(16)「ここで少し休みましょう。」


今日は、
「〜で・・・をする」という言い方を学びます。

例えば、
「私は、明日、◯◯で仕事をします。」と言えるようになります。

今日のアニメスキット

今回の[好]は、違う使い方です。

今回は、「副詞」なんですよね。

「なんと」とか、「とても」とか言った意味です。

「累」は形容詞で「疲れている」

「好累阿」で「すごく疲れたなー」と言っています。


「一点ル」で少し


「求」は「お願い」

「求求你」は、「お願いだから」と人に懇願するときに使います。


「休息」は休けいするという動詞。

「一会ル」は「しばらく・少しの間」

「在」は、前回勉強した「在」とは別物です。

「〜で」何何するので、にあたります。


実を言うと。

「条」は量詞です。
細長いものを数えるときに使うんですね。

例えば、
蛇とか、魚、ベルト、川 などなんですね。


以前勉強しました、命令文の形なんですね。


命令を和らげる語気助詞なんですね。


動詞で「嫌う」という意味です。


レストランという意味です。

テレビで中国語 イモトと学ぼう!中国語(17)注文をする“豚の角煮をください”

今日はお店で注文できるようになります♪

今日の目標

お店で注文してみよう


「店員さん」もしくは、「すみません!」といった意味合いです。

「点」は「注文する」
「菜」は「料理」です。


「点ル」は、「一点ル」の「一」が省略されたものです。

「一点ル」は「少し」「ちょっと」の意味のほかに、
「語きを和らげる」こともあります。

ここでは、語気を和らげ、表現を婉曲にするために、使われています。

今日の恋する一言

料理などを注文するときの基本的な言い方です。

実際に注文する時、「〜をください」の時は、「要」を使います。

「紅焼肉」は「豚肉の角煮」


「要」がまた出てきましたね。

「炒青菜」は「野菜炒め」

それでは復習です。

復習


「要」は「YAO」と表記していますが、
3つの母音「iao」からなる三重母音の音なんですね。
この「i」が頭にきているので、「Y」と表記しているわけですよね。

「紅焼肉」

この文の仕組みを紹介

ではこの文の仕組みを紹介しましょう。

「要」+「量」+「注文したいもの」で注文することができます。

注文する時の別の表現

実は注文する時によく使う別の表現もあります。


「先」は「とりあえず」
「来」は「持ってきて(注文)」

「とりあえず、生一杯」みたいなものですかね?
そうです!!